【2018年度8月版】スパルタンレースに出場した感想と完走するための準備

スポンサーリンク


こんにちは。ヨシキ(@yoshikianzawa)です。

今年に入って2度目のスパルタンレースが9月8日(土)に水上宝台樹スキー場(群馬県水上町藤原3839-1)にて開催されます。

今回はスーパー(10kmコース+障害物約25個以上)のカテゴリーが開催されます。

そのようなレースに昨年の2017年5月に第1回の参加者として完走し、スプリントではありますが、その立場として今回もその心構え準備感想について書いていきます。

その前に、スパンルタンレースについて知らない方へ簡単に説明をさせていただきます。

 

スパルタンレースってなに?

世界最高峰の障害物レース「リーボック スパルタンレース」をご存知でしょうか。アメリカで生まれ、現在30か国で240以上のレースが展開されている国際的なレースです。

日本でも2017年5月に第1回大会が開催されて、私も参加しました。

 

参加の心構え〜まずは基礎体力を身につけるべし〜

まずは前提条件として5kmのマラニック(マラソンとピクニックを組み合わせた造語)をできる体力が必要です。

純粋なマラソンのみならず、適宜休息を挟む「インターバルトレーニング」がスパルタンレースでは必要な体力要素になります。

その上で、最近流行っている「HIIT」「クロスフィット」「サーキットトレーニング」「自重トレーニング」がトレーニングプログラムを構成する上では非常に効果的になってきます。

自重トレーニングといっても主に必要な動作としては「綱登り」であったり「うんてい」のように自分の身体を腕で保持する能力がスパルタンでは求められます。

これは単純に「腕立て伏せ」「スクワット」といった押す動きではなく、自分の身体を引き寄せる動作、すなわち引く動きの習得が必要ということです。

 

運動初心者でスパルタンレースに参加する方は下記の記事がオススメです!

参考記事:運動初心者はどれくらいの距離から走り始めた方がいいか

 

当日の準備

参加するにあたって私が当日に用意したものです。各々違いがあると思いますので、参考程度にしていただけると幸いです。

 

当日に準備した道具

・私服(なんでも良い)

・レース用のウェア

・レース用のパンツ

・レース用のソックス

・レース用のシューズ

・汚れた服を入れるビニール袋(大)

・汚れたシューズを入れる袋

・下着(レース後に使用)

・バスタオル大1枚

・バスタオル小2枚

思いつく範囲ではこれくらいです。

会場にもよると思いますが、終了後のシャワーはとても冷たく風邪を引かないよう万全の用意で臨むことをお勧めします。(むしろレースよりこっちの方が大変だった。。。)

 

感想

実際に参加してみると、泥水に入ったりするので砂利が靴の中に入ったりします。

これが意外と厄介です。

というのも、走ったり飛んだりするので砂利が足に当たると痛い。

そして通常の運動靴だと、水はけも悪かったりするのでオススメはこちらのシューズ。

男性はこちらがオススメ!

女性はこちらがオススメ!

スパルタンレース専用のシューズみたいなので、タイムや見た目にこだわりたい方はこちらのシューズも購入してみると良いかもしれません。

 

まとめ

短時間でスパルタンレースを完走するための身体を作っていくことは、初心者だと非常に大変です。

こんな時に、身体のスペシャリストであるパーソナルトレーナーアスレティックトレーナーに相談することで、レース完走までの最短距離が開かれるでしょう。

当日までトレーニング、栄養、休養をバランスよく行なっていき「スーパー」の完走を目指していきましょう!

スポンサーリンク


ABOUTこの記事をかいた人

アスレティックトレーナー | 大学卒業後2年間アメリカ留学 | 大学病院勤務の5年間で老若男女25000人に運動指導 | 私立高校サッカー部AT | 東京2020オリンピックメディカルスタッフ | オンライントレーニング受付中(質問などはTwitterから)